★1日自動車保険の車両保険は加入すべきか!?★

車両保険

1日自動車保険は、他人の車を運転する際に1日単位で補償がかけられる画期的な商品です。車を所有しない学生やペーパードライバーの方から高い人気を誇っています。補償内容も通常に自動車保険に見劣りしない充実ぶりで、特約で車両補償も付けられます。そこで、問題になってくるのが車両保険の必要性です。車両補償を付けると1日500円だった保険料が倍以上になってしまいます。また、車両補償を付ける場合は事前に加入登録しておく必要があり、利便性が劣ってしまいます。一般の自動車保険を見てみると車両保険の加入率は43.2%と半数以下の人は加入していないことになります。なぜかというと、車両保険を利用すると翌年度の等級が下がってしまうので、少しの傷や凹みであれば自分で修理代を払ってしまう人が多いからです。また、中古車の場合は購入した際の金額も高額ではないため、必要性を感じないと言う人もます。ただし、これは自分の車だからある程度自己責任でどうにかなりますが、他人に車なら話が変わってきます。1日自動車保険は自分の車に補償を付ける商品ではありません。親や友人など他人の車を運転する場合に加入する保険です。つまり、自分が運転したことが原因で車にキズや凹みが出来た場合、弁償する必要があるため車両補償の必要性が高まります。両親の車だから関係ないと思うかもしれませんが、親が代わりに保険を使って修理をおこなえば、翌年度の等級が下がってしまい、保険料が増額してしまうのです。1日自動車保険は等級がありません。したがって、車両補償を使うの出れば1日自動車保険の方がお得となります。親であろうと友人であろうと、他人の車を借りて運転するのに変わりはないため、車両補償を付けておいて損はないと思います。運転するということは事故と隣り合わせであることを理解しておきましょう。そして、他人の車を運転する人ほど、運転の機会が少なく事故を起こすリスクも高くなります。したがって、1日自動車保険は手厚い補償をかけておいたほうが無難であると言えます。

★医師国家試験合格率の高い東京の大学を目指すなら都内の医学部予備校が近道!!★

FireShot Screen Capture #130 - '東京の医学部予備校を徹底比較!!' - 医学部予備校_tokyo

日本全国には医学部の数が80ありますが、医師国家試験合格率の上位20位をランキングにすると第108回の試験では4校もの東京の大学がランクインしています。医学部を目指す学生は最終的には医師国家試験の合格を目指しますから、まずは国家試験合格率の高い学校を選び、その対策に向けて医学部予備校を選択するのがおすすめです。将来を左右する医学部受験は一つ一つの選択を慎重に行う事が大切です。まずは東京にある大学の医師国家試験合格率のランキングを確認し、上位大学への合格実績のある医学部予備校をみていきましょう。

1位 順天堂大学医学部 受験者数90名 合格者数90名 合格率100%

2位 東京医科歯科大学医学部 受験者数84名 合格者数83名 合格率98.8%

3位 慶應義塾大学医学部 受験者数103名 合格者数101名 合格率98.1%

4位 日本医科大学 受験者数103名 合格者数101名 合格率98.1%

このように順天堂大学医学部の医師国家資格合格率は100%とレベルが高く、入学者倍率は増加傾向にあります。その理由は08年度の学費の値下げも大きく影響しているようで、27年の入学者倍率は平均33.62倍、センター利用入試での倍率は195.2となっています。この狭き門を突破するには医学部予備校などでの対策は必須でしょう。ではそんな順天堂大学医学部への合格実績がある東京の医学部予備校についてみてみましょう。具体的な合格人数は確認できないものの、順天堂大学医学部の合格が確認できる医学部予備校があります。それは東京に3つの校舎を持つ「東京医進学院」です。医学部予備校「東京医進学院」の大きな特徴は、遠方や学習に集中したい受験生のために全寮制も選択可能なポイントです。東京三鷹にある校舎は、まさに医学部予備校の理想形といえるほどの設備で、立地も閑静な住宅街の中にあるので集中力が高まります。「東京医進学院」の三鷹校オリジナルカリキュラムはすべてが医学部合格のために用意され、個別指導体制も整っています。また、緊張感が緩んでしまいがちな年末年始に行う正月合宿まで用意されており、費用は8泊9日で594,000円(税込)です。試験直前にさらに集中力を高めて学習したい受験生にはおすすめのカリキュラムです。

★ペーパードライバーにおすすめ!一日自動車保険の使い方!!★

FireShot-Screen-Capture-#061---'1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版'---1日自動車保険_biz

車を運転する上で一番気になるのは交通事故です。毎年警視庁が発表する都道府県別交通事故件数の推移では、平成16年に652,720件あった事故数が、平成25年には629,033件と4割近く減少しているようです。平成25年の自動車免許保有者数81,860,012人から計算すると約0.8%の割合で事故に遭遇すると言えます。逆に言い換えると、99.2%の割合で事故にあう可能性があることになります。さらに、警視庁のデータにある自動車免許保有者数はペーパードライバーも含まれているため、実際に運転をしている人の割合で計算するともっと確率は上がってしまうでしょう。事故件数は減り続けているとはいえ、もし運転する機会があるのなら事故は防ぎたいものですが、万が一事故を起こしてしまった時のための備えは必要です。そのために対人賠償責任保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険などを含む任意保険に加入しておくのが良いでしょう。最近では自家用車を持たない人のための一日自動車保険というサービスもありますので上手に使い分けましょう。有効な運転免許証を持っているにもかかわらず普段運転をしない人の事をペーパードライバーと呼びますが、やはり普段から運転に慣れていないと事故率は上がってしますようです。マイナビが調査したデータによると、ペーパードライバーの37.6%が自家用車を持たないという数値がでています。これはすなわち車が必要になった際には車を借りて運転する、もしくは運転する必要がある状況に迫られた場合のみ運転するという事になります。これでは通常運転している人に比べて事故を起こす可能性は大きくなるのも当然です。ですからペーパードライバーの方ほど、車を利用する際には保険に加入することをおすすめします。短期間の運転の場合は一日自動車保険のサービスが各保険会社から出されていますので補償内容を比較してみましょう。一日自動車保険のほとんどがコンビニやスマホから加入でき、手続きを負担に感じずに済ませることができます。出かける前に指名、生年月日、免許証番号等の情報を登録しておけば、一日自動車保険の利用申し込みがとてもスムーズになります。平成25年の事故件数が629,033件に減少しているとはいえ、被害者と加害者に分けて考えれば単純に2倍の数の人が1年で事故に合っていることになります。自分を守るためにも、また無駄な保険に加入しないためにも、普段自動車の運転をしていないペーパードライバーの方は一日自動車保険の加入を一度検討してみると良いでしょう。