★銀行印に三文判やシャチハタは使えるの?★

銀行印は口座開設の際に登録する必要がある印鑑のことです。最近はネットバンクなど銀行印の届出がなくても口座開設が可能になりつつありますが、まだまだ印鑑の登録が必要な銀行が多いです。銀行印は預金の取引の際に必要となる大事な印鑑でありますが重要性をあまり感じていない人が多いのも事実です。なので、中には三文判やシャチハタで銀行印の届出を行えるか疑問に思う人もいるようです。結論から言うと三文判は銀行印として利用できますが、シャチハタは利用不可です。三文判とは、100円ショップなどで売っている安価な印鑑のことを指します。二束三文の三文から由来しています。三文判は銀行印として登録できますがオススメはしません。三文判は大量生産によって製造された安価な粗悪品です。したがって、文字も偽造が容易であり悪用されるリスクが非常に高い印鑑となります。郵便や宅配物の受取、回覧板の押印など日常使いの認印としてなら三文判でも全然問題ありませんが、大事な金融資産を扱う銀行印には向いていません。複雑な書体で偽造されにくい銀行印を用意することが重要となります。次に、シャチハタは朱肉と一体となったゴム印であり、使い勝手が良いので所持している人も多いでしょう。しかし、銀行印としてシャチハタを使うことはできません。シャチハタはゴム印のため、押印する際の圧によって書体が変わったりします。また経年劣化がしやすく、書体が変形してしまうことがあるからです。このような理由から銀行印だけでなく、契約書の印鑑としても使うことができないケースが多いです。以上の三文判とシャチハタについて銀行印として使用できるかを説明してきましたが、銀行印はオーダーメイドで作成したものを利用するのが一番です。作成する際は、長期間利用できるよう書体や印材にこだわってオーダーメイドで作成するようにしましょう。オーダーメイドとは言え、ネット通販を利用すれば安い価格で作成できます。お金を管理する大事な印鑑ということを忘れずに、三文判などの使用は止めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です