★銀行印のサイズは意外と大事です!★

サイズ

銀行印とは、銀行で口座開設をする際に印鑑登録する印鑑のことを指し、銀行にお金を出し入れ際に用いる印鑑です。銀行印作成時のポイントの1つとしてサイズ選びが挙げられます。実は、銀行印は、認印と違って自分の財産を管理している印鑑であるため重要度は高いものの、実印と比べると、実印は登録する印鑑のサイズは8mm〜25mmと規定が定められているのに対して、銀行印は基本的にはほとんどの銀行で銀行印のサイズの規定がありません。もちろん、銀行印のサイズの規定がある銀行であればその規定に従わなければなりませんが、そうでない場合は自由に自分の好きなサイズで銀行印を作成することができます。しかし、ここで考えなければならないのが、銀行印は認印と違って、金融機関に登録する印鑑であるため、銀行印のサイズは自由に選択できるものの、実用性を考えると枠から大きくはみ出たり、小さすぎる印鑑であれば印鑑参照に時間がかかることもあります。つまり、極端に他と異なるサイズで銀行印を作成することはオススメできません。そこで、銀行印にオススメなのが、各印鑑通販ショップがオススメしている一般的なサイズで銀行印を作成することだと言うことができます。具体的に、銀行印を作成するにあたって、各印鑑通販ショップがオススメしているサイズは、男性は、15.0mm〜16.5mm、女性は、13.5mm〜15.0mmとなっています。また、銀行印を作成する際に、もう1つサイズに関して考えないといけないことは、認印や実印といった、他の印鑑と違うサイズで作成するということです。なぜなら、私たちは、主に、実印、銀行印、認印の3種類の印鑑を用いて生活しており、特に実印と銀行印に関しては、個人の印鑑として非常に重要な役割を担っているため、認印を捺す場面で間違って捺印してしまうようなことがあると大変危険です。そのため、それぞれの印鑑がすぐに判別できるように、それぞれ違うサイズで印鑑を作成することをオススメします。その際、それぞれの印鑑のサイズを「実印>銀行印>認印」のバランスで、各印鑑を作成することが一般的だと言われています。このように、銀行印を作成する際は、サイズにもしっかりとこだわりを持って、自由が効くといえども、基本的には一般的なサイズで作成することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です