★大阪の医学部と医学部予備校を徹底的に調査してみました!!★

FireShot Screen Capture #131 - '大阪の医学部予備校を徹底比較!!' - osaka-medilabo_com

大阪には東京に並び多くの医学部がありますが、中でも大阪大学の医学部は偏差値77と、東京大学、京都大学に次ぐ全国3位の偏差値の高さで知られています。大阪にある国公立大学では、他に大阪市立大学がありますが、私立では近畿大学、関西医科大学、大阪医科大学の合計5つの医学部を持つ大学があります。2015年の入学倍率は、大阪大学医学部で4.2倍、大阪市立大学医学部で3.2倍となっています。私立の関西医科大学は倍率が高く、前期39.7倍、後期18.4倍となっています。関西圏にある私立の医学部の中では学費が比較的抑えられていることから、併願によって倍率が高くなっているのでしょう。また最近では近畿大学の倍率が高く、なんと2014年の一般入試志願者数は全国1位の10万5890人にまで達しています。SNSの活用やプレスリリースで情報を発信するなど、学生に認知度が高まっていった結果人気が上昇しているようです。インターネットからの出願で受験料が3,000円安くなる「エコ出願」も話題になりました。応募者数が増えるのに伴って偏差値も上昇していくと期待されている大学です。

【大阪の医学部予備校】

このように医学部が多くある大阪府では、医学部予備校も数百校あると言われています。選択肢が多いのでどこに通うべきか悩んでしまいますね。医学部予備校が一番多く存在しているのはやはり大阪市です。約100校の医学部予備校が大阪市内にあると言われ、大手予備校や規模は小さくてもマンツーマンに近い指導を行って実績が出ているような医学部予備校もあります。医学部予備校を選ぶ際に注意したいのは、用意されているカリキュラムよりも講師の質と指導方法です。社会人の講師で多いのが、医学部の専門講師として経歴を積んできたわけではなく、別の大手予備校などで担当教科を持っていた、というケースです。それに比べて現役の医学部生はすべての科目を難関なレベルまで解く力があります。担当科目を1つしか持っていない社会人講師から学ぶよりも、医学部の受験で成功し、合格のノウハウを持ち合わせている現役医学生から学習方法を学ぶ方が効率よく成功できるはずなので、現役医学生の講師がおすすめです。また、指導方法も集団講義ではなく個別指導に近いスタイルが望ましいでしょう。集団講義では質問が出来ずに持ち帰ってしまう学生が多くなり、結果理解度が深まることはありません。集団の中で質問することに抵抗がある学生も多いので、できるだけ個別指導に近い形での学習スタイルで学ぶことをお薦めします。大阪にある医学部予備校では「メビオ」が個人指導に近い形の学習スタイルを行っています。また現役の医学生も所属していることから質問もしやすくサポート体制が充実しています。

医学部予備校 大阪はコチラ

URL:osaka-medilabo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です