★医師国家試験合格率の高い東京の大学を目指すなら都内の医学部予備校が近道!!★

FireShot Screen Capture #130 - '東京の医学部予備校を徹底比較!!' - 医学部予備校_tokyo

日本全国には医学部の数が80ありますが、医師国家試験合格率の上位20位をランキングにすると第108回の試験では4校もの東京の大学がランクインしています。医学部を目指す学生は最終的には医師国家試験の合格を目指しますから、まずは国家試験合格率の高い学校を選び、その対策に向けて医学部予備校を選択するのがおすすめです。将来を左右する医学部受験は一つ一つの選択を慎重に行う事が大切です。まずは東京にある大学の医師国家試験合格率のランキングを確認し、上位大学への合格実績のある医学部予備校をみていきましょう。

1位 順天堂大学医学部 受験者数90名 合格者数90名 合格率100%

2位 東京医科歯科大学医学部 受験者数84名 合格者数83名 合格率98.8%

3位 慶應義塾大学医学部 受験者数103名 合格者数101名 合格率98.1%

4位 日本医科大学 受験者数103名 合格者数101名 合格率98.1%

このように順天堂大学医学部の医師国家資格合格率は100%とレベルが高く、入学者倍率は増加傾向にあります。その理由は08年度の学費の値下げも大きく影響しているようで、27年の入学者倍率は平均33.62倍、センター利用入試での倍率は195.2となっています。この狭き門を突破するには医学部予備校などでの対策は必須でしょう。ではそんな順天堂大学医学部への合格実績がある東京の医学部予備校についてみてみましょう。具体的な合格人数は確認できないものの、順天堂大学医学部の合格が確認できる医学部予備校があります。それは東京に3つの校舎を持つ「東京医進学院」です。医学部予備校「東京医進学院」の大きな特徴は、遠方や学習に集中したい受験生のために全寮制も選択可能なポイントです。東京三鷹にある校舎は、まさに医学部予備校の理想形といえるほどの設備で、立地も閑静な住宅街の中にあるので集中力が高まります。「東京医進学院」の三鷹校オリジナルカリキュラムはすべてが医学部合格のために用意され、個別指導体制も整っています。また、緊張感が緩んでしまいがちな年末年始に行う正月合宿まで用意されており、費用は8泊9日で594,000円(税込)です。試験直前にさらに集中力を高めて学習したい受験生にはおすすめのカリキュラムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です