★妊娠線の予防とオススメの妊娠線治療を大公開!!★

FireShot-Screen-Capture-#310---'妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方'---妊娠線・肉割れ_jp

そもそも妊娠線とは、急激に大きくなるお腹の表皮は伸びるのに対して、真皮や皮下組織の一部の伸びがついていけず亀裂が生じてできる断裂跡のことです。妊娠線は表皮の奥のコラーゲンや弾性線維が断裂してできるので、手術跡などと同じく瘢痕です。妊婦さんの8~9割の人にこの妊娠線ができるといわれています。では妊娠線を予防するにはどのようにしたらよいのでしょうか。予防のための保湿ケアは妊娠がわかった時点でできるだけ早く始めましょう。なぜなら妊娠線ができにくい皮膚というのは強い柔軟性のある皮膚ですから、まずは保湿することが大切だからです。オススメの妊娠線治療クリームなどの専用ケア用品でお手入れする他にも、オイルやボディクリームで保湿に心がけるようにしましょう。特に妊娠線ができやすいのは、お腹が大きくなり始める妊娠5~7か月と言われています。しかしこの時期にできなかったからと言って油断していたら、臨月の頃に急に妊娠線ができてしまった、という方もいるようですから注意が必要です。また、残念ながらこういった妊娠線治療やケアを毎日していたにもかかわらず発症している人が多いのも事実です。しかし、もし妊娠線ができてしまっても安心してください。最近では医療技術も進歩し、妊娠線を目立たなく薄くする産後の妊娠線治療が可能になってきています。保湿を心がけていたのに発症してしまった場合には、一人で落ち込まずにまずはオススメの妊娠線治療を行っている病院を探してみることから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です